« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

あめちゃん

子供ってあめちゃん好きですよね。
もちろん彼女も大好き。なので1日1個ねとお約束。
0711280
この懐かしいカンカン。
能登のばあばに電話で「何か欲しいものないの?」と
聞かれ、「あめちゃん」と答えたところ、後日5缶も送られ
てきました。

「今日は何にしようかなぁ?ぶどうかなぁ?」
缶をフリ、出てきたものはハッカ。
「この白いの辛いからママが食べるね」
「うん、ママが食べて」

と言っていたのは先日まで

「辛いの食べるぅ~」
と言った今日
「ねー、これ歯磨き粉の味するよ、おいしいね」

ん?おいしいの?
へんな味覚の3歳児です。

すごい顔

あ~ん、パクっ。
「ん、うまっ」
0711240

最近「まずっ」、「くさっ」、「こわっ」、など私の言い方
と一緒な彼女。
ちょっとした言葉はマネするのに、私の方言はマネし
ない彼女。
「こそがす」→「くすぐったい」
「毛布をきる」→「毛布をかける」
私が日常的に使っている方言ですが、意味は理解して
いても彼女が発することはありません。
方言って分かっているかな?

彼女のお仕事

今日は休日出勤。
といっても店番のような楽な仕事。
ただ拘束時間が朝の8時から夜の8時まで長いのが難。
彼女の寝顔にバイバイをして出勤しました。

休日に私と遊べない彼女がかわいそうだと、ちけが彼女
を連れて、休憩時間に遊びにきてくれました。
私の会社に来た彼女は、大人な気分。
「ママのお仕事大変だから、手伝ってあげるね」
ありがとね

そうそう、彼女は働いているそうです(彼女談)
本人によれば、
彼女の会社では、ボールと風船を作っているそうです。
仕事は忙しく、大変とのこと。近所の小学校の体育館が
工場だとか。

この彼女の話、とても一貫性があります。
将来本当にボールを作る仕事に携わることになったら
ちょっとおもしろいですね。
0711230

パパの遺伝子

昨日のつづき。
七五三のお祝いにと、パパがプレゼントを用意。

日本一周 僕はプラレール運転士
買った物は、リンク先のものより1つ前のバージョン

おもちゃを見せると、「ぅわ~!ありがとう!!」と
大喜び。
一生懸命、マイクを使い「出発します」、「次止まりま
す」と叫んでいます。
0711190

乗り換え操作などアシストが必要なこともありますが
ほぼ1人で操作しています。

0711191
奥にある5台は、ジャスコのUFOキャッチャーでゲットした
ミニプラレール。

手前は、お茶のおまけでついていたJR東日本の新幹線。

…ちけは彼女のことをテツコにしたいの?


ちなみに、ちけ本人いわく、オレはテツオじゃないと。
でもオークションで、銚子電鉄のレールでできた文鎮や、
寝台車の発車音楽のオルゴールを落とす人は、一般的に
テツオと言うんですよ。
今のところあまり乗り物に興味をしめしていない彼女ですが
ちけの遺伝子がはいっているので、目覚めるのは時間の
問題かな?

七五三

朝から「お着物きるのー」と大はしゃぎ。
着付け&撮影&写真選びが終わったのが12時。

2時間半も写真スタジオにいたので、退屈にはなるわ、
お腹もすくわ、帯でお腹がくるしいわ、眠いわで、グダ
グダ状態の彼女。

こんなことじゃ、お参りが思いやられると思っていたの
ですが、お外に出たら気分転換になったようで、秋晴れ
の下、元気に歩き出しました。
0711180

お着物を着た彼女はもう大人気分。ちけと私を先導し、
「ここは車がくるから、×です」、「次行きますよ~、
一列になってください」、「さあ着きましたよ。みんなで
どんぐりひらいましょう」。
先頭を切って歩いていきます。
おかげで写真もビデオもほとんどが彼女の後ろ姿ばかり笑

ご祈祷をして頂き、絵馬をかいての帰宅となりました。
0711181 0711182

帯は苦しいけど「またお着物きようね」と言っていまし
た。次は4年後の7歳かな?

0711184

とっても可愛かったよ(親バカ)

カット

来週はいよいよ七五三です。
そこでちけと私は髪をカット。
ついでに彼女の前髪もカットしてもらいました。
昔から「おねーさんいになったら、まゆみさん(美容師
さん)に切ってもらうの」と言っており、今日は朝から
ドキドキしています。

「じゃあ切ろうか」
1人でイスに座り、エプロンをして、はさみでチョキン。
0711110
とても緊張していましたが、大人しくカットすることが
できました。良い子だったね。

ね、かわいくなったでしょ。
0711111

東京モーターショウ

ちけのたっての希望で、東京モーターショウに行ってき
ました。
0711100
彼女もはりきって「車見る~」と言っていたのですが、あ
まりの人の多さに引き気味。

0711102
マイバッハと写真を撮っても、価値の分からない彼女に
とっては「別に・・・」といった感じ。

ということでちけとは別行動。
彼女が一番喜んだのはやっぱりここ。
0711103
いっぱい走り回れるキッズパーク。
秋だというのに、いっぱい汗をかいてダッシュ!

追記:
0711101
「タイヤのほうが大きいね」というと、ライバル心をむき出し
「私も大きいよ!」。でも、タイヤの方が大きいと分かると
「タイヤも私も同じくらい大きいね」だって。
3歳児でも素直に負けは認められません。

感情移入

彼女は、どきどきアニメをみます。
いつも「ゲキレンジャー!」と叫ぶわりに、TV放映は見ま
せん。

彼女が見るTV番組は、いないいないばぁ、おかあさんと
いっしょ、ちびまるこちゃん(実写版)と、子供がでてい
るドラマ。

もう寝るよと言っているのに、ドラマ「暴れん坊ママ」
を見ている彼女は「これが終わってから(ねんねする)
とのお返事。

今回のストーリは、幼稚園児の男の子が遠足に行って
迷子になり、心配して探し回っているママと感動の再会
をはたすというもの。
歩きつかれしゃがみこんだ男の子を、ママが見つけ、
男の子の名前を呼ぶ、男の子もママの名前を呼ぶ。
そして泣きながらの抱擁。

という感動のシーンで、いきなり泣き出した彼女。

(泣きながら)ママ~」と言って、私に抱きついてきます。
「どうしたの?寂しくなったの?」
「うん、悲しいの(ぐすん)。迷子になって怒られたの(ぐすん)

3歳児ってすごいですね。
もう、ドラマを見て感情移入ができるなんて。
0711070

私はドラマより、彼女のこの成長に感動しました。

秋といえば

いつも保育園の散歩コースに入っている大学の学祭が
あるというので、行ってきました。
去年も行きました

校門をくぐるといいにおいが「やきとり食べる!」
3歳児には、文化の秋ではなくやはり食欲の秋だ。よね。

0711040
最近の麺の食べ方。お顔が汚れます。

そんな中でも、彼女の興味をひいたものは、気圧の実験。
お水がいっぱい入ったコップを下敷きで蓋をし逆さまに
しても、下敷きがおちないという。この世のものはすべて
気圧がかけられている実験。
(ちゃんと帰宅後お風呂でやってみました)

一通り見学したあとは、スポーツの秋。
グランドをいっぱいダッシュ。
去年より速くて、ちけも私も一緒に走り回るのが大変です。
0711041

負けられない

実家からお魚が届きました。
さっそくイカの塩焼きを裂いてお皿にだすと、彼女が独
り占め。ブリも裁いて、少し残った中落ちをお皿に出す
と、またしても彼女が独り占め。かなりの魚好き。

ということで、おすそわけを届けにいとこのあおたん家へ。
「あおたんは、まだあかちゃんだから、優しくするん
だよ」と言うと「わかってるよ、おねーさんだもん」と
生意気な返事。
お邪魔した時は、ちょうどあおたんのご飯タイム。
お皿に並んだおかずや果物を全部たいらげたあおたん。
たしかにおいしそうな顔はしないけど、お口に入ったも
のは全部食べるいい子です。
0711030

帰宅後、我が家も夕食。
彼女はブリのお刺身と石鯛の塩焼きを食べました。
そして「(お皿)ピッカピカにしたよ、あおたんと一緒
だよ」と と得意げにお皿を見せてくれました。
「すごい!さすが3歳のおねーさん」いっぱいほめて
あげました。

後日談:
最近ご飯を食べるとき、彼女があおたん、私がまいまい
(あおたんママ)になります。そして完食するとほめる
というゴッコ遊びを繰り返し強制させられています。
あおたんがちゃんと食事が終わるまで席にすわり、最後
まで食べたことに、2歳年上のおねーさんの私が負ける
わけにはいかないと、一人ライバル心むき出しにして
いる姿が笑えます。

« October 2007 | Main | December 2007 »