« 気管支炎part2 | Main | お箸 »

長い1週間

先週の金曜日に気管支炎と診断された彼女。火曜にな
っても、まったくよくなりません。
熱も39度。食欲もなく、1日ぐったり状態。
起きていてもお布団でゴロン、気がつけば寝ていると
いった感じ。多少熱があっても平気な彼女なのに、ずー
っと横になったまま。これはちょっとおかしいなぁと思い
再度、近所の小児科へ。

すると「もしかしたら肺炎のおそれがあります、大学病院
で診てもらってください」

紹介状を頂き、大学病院の救急窓口へ。

救急なのに待たされること40分。それも寒い部屋で。
ちゃんと小児科から電話をしてもらっているのに…これ
だから、大学病院って嫌いなのよね。

しばらくして通された場所はER(救急医療室)。看護士さ
ん、小児科の新人先生、小児科のちょっと偉い先生が
10分ごとに入れかわり、それぞれが聴診器とお口の中を
検査。その度に大泣きする彼女。
1回で済ませてよ!怒鳴りたくなる気持ちを抑えながら
またしても思う、だから、大学病院って嫌いなのよね。

問診の結果では、かなり肺の音に雑音が入っているので
気管支炎もしくは肺炎だろうとのこと。
取り急ぎ、レントゲン検査と血液検査をすることになり
ました。また、ほとんど食事をしていない旨伝えると
点滴で栄養補給することになりました。

「では、点滴処置をするまで、お母さんは外でお待ちくだ
さい」

ERから追い出されたけど、彼女の嫌がる大きな泣き声は
外にまで聞こえていました。

「どうぞ、お入りください」
部屋に通されると、彼女はこんな状態。
0610250
左手の甲には、血液検査の注射をした跡。右手は手首を
木で固定され、甲には点滴の針が刺さっていました。
「ママ~、ママ~、ママ~、ママ~、ママ~」
なんて、痛々しい姿。

いっぱい泣いて疲れたのでしょう、抱っこしていると
そのまま寝てしまいました。

しばらくするとレントゲンと血液検査の結果が出ました
「ひどい気管支炎+脱水症状」

とりあえず肺炎じゃなくて、一安心です。

最初の点滴は1時間。そのあと、気管支炎の抗生剤を入れ
た点滴をさらに1時間。もう、ぐったりです。

彼女が「いたい、いたい」というので、点滴の管を見てみる
と彼女の血が逆流しているではありませんか!!!
慌てて、看護士さんを呼ぶと「あ、点滴が終わったんです
ね」とさらりと言います。

だったら前もって、「終わったら呼んでください」とか言
ってほしいものです。点滴をしたことがない私は、逆流
している血を見て、3年寿命が縮まりました。
やっぱり、大学病院は嫌いだ。

今日は、念のため、ここで泊まる事になりました。

翌日、まだ熱が下がらない彼女。食欲もあるはずもなく
今日も点滴です。

またしても、私はERから追い出されました。
外で「いやんがー、ママー、いたいよー」を聞かされると
胸が張り裂けそうになります。

2時間かかりますと言われたのに、2時間45分経っても
点滴は終わりません。

「かえりゅ~、ジャス」と言いつづける彼女。
気を紛らわせようと、トトロや電車ののビデオを見せて
いましたが、もう限界です。

「もう(点滴)いいです。外してください」

病院にいても彼女の精神が不安になるだけだと判断し
帰宅しました。
彼女はかなり限界でした。病室を行き来する大人にすご
い警戒心を持ってにらみつけ、ちょっとでも触られるも
んなら「いたい!いたい!」と言って暴れまくりでした。

家に帰ったものの、警戒心は強いまま。
彼女の嫌がることはしたくないけど、「ごめんね、これ
飲まないとお熱下がらないの!」と無理やり薬を飲ませ
るのですが、これが大変。
大暴れする彼女を足で押さえつけ、手を押さえ、口を
無理やりこじ開け薬を投入…彼女も私も汗だくです。

当分、病院とお薬は嫌いなままでしょう。

10/20に発熱して7日目(10/26)。ようやく熱も37度に下
がりました。のどの腫れもひき、少し固形物が食べられ
るようになりました。

翌日の10/27。
元気いっぱいの彼女です。熱もすっかり下がりました。
午前中は検診でしたが、午後は大好きなジャスでパパと
遊んだそうです。あと、大好きなマックのポテトも食べ
たとかw
0610270
元気になって、よかったね。
ほっと一安心です。

月/火/水は私が、木/金はちけが会社を休んで看病しまし
たが、こんなとき共働きは大変です。

職場で、子供がいる人は、この状況を理解してくれます
が、子供がいない人は、「忙しい時に休むなんて!」と
思うようです。

子供と会社、どっちが大事か?
そんなの愚問で、子供が一番に決まってます!

生活のために働いているけど、子供に何かあればすぐに
辞める覚悟はできています。
会社で後ろ指差されようが、有休という権利で休んでい
るのだから、とやかく言われようが気にせず、自分が出
来ることを、精一杯やるだけです。

母は強し、なのだ!

« 気管支炎part2 | Main | お箸 »

育児」カテゴリの記事

Comments

しえたん大変でしたね。○さんもパパさんもお疲れ様です。私もどちらかというと大学病院って苦手です。
具合悪くていっても、待たされる・・・って感じで1日かかるしつかれて余計具合悪化ってイメージでね。説明もなく薬だされたりしてね。
点滴は必要だったかもだけど、看護師さんもちゃんと診て~って感じですよね。
しえたんが元気に復活したからよかったけど。
私は○さんの考え(会社<子供)わかりますよ。有給は与えられた権利だしね。母は強し!応援してます。

読んでて涙でてきちゃっよ。
かわいそうなしえ。そばにいた○。その場の雰囲気。
つらいよぉ~~
少しよくなってんね~よかったぁ。
ジャスなんぼでもつれてったる~って気持ちになったわ^_^;お疲れ様だね~
○も旦那様も身体気をつけてね!

(llllll´▽`llllll)大変でしたね。
大学病院って行った事ないけれど、めちゃめちゃ印象悪って気持ちになりました。
看護婦さんも変だし。その大学病院が変。信頼できると病院が小児科、大きい病院とあるといいのだけれど・・・。
会社は今のうちだけ。ほとんどのみなさんが働いていればそう言う気持ちを味わうと思います。
もちろん子供一番だよね~♪なに言ってんの!って会社に腹たつくらいだわ。
とは言え、しえたんも毎年丈夫な子になっていくはずだから頑張りましょうね。
私も会社で周りの先輩ママから病院、病気、これから丈夫になるってことを色々教わっているので、社員じゃないだけになおさら開きなおってますよ。~~~ヾ(〃'(ェ)')o キャー!ファイトォー!!

しえたんの笑顔が戻るまで、○一家は辛かったね。
みんな本当にお疲れ様。

私も大学病院大っ嫌い!研修医を育てるためとはいえ病気で苦しんでいる患者をとっかえひっかえ看るのには憤りを感じるよ。しかもあらかじめ予約を入れて行ってるのに1,2時間待たされるのなんてザラだったし、「重傷の患者から診察します」って書かれているのにも腹立つ。
みんな重傷だからここに来てるんじゃん!って。

でも、しえたんが肺炎じゃなくて良かったよ。
リーに「しえたん元気になったよ」って言ったら「良かったねぇ」って言ってた。

大学病院って、本当にありえないくらいに待ち時間が長いですよね。
私も経験あるから、ものすごく判ります。
腹違いの弟が具合悪くなって大学病院に行ったんですが、2時間近く待たされたのに診察は5分程。その後、会計でまた数十分待たされる始末。もう、うんざりでした。
その時は、容態も悪化せずに済んだからいいようなものの、子供の容態って変わるのがものすごく早いのに「こんなに放っておくの!?」って、高校生ながらに思いました。
何かあって、手遅れにでもなったらどうするの?って。

本当、しえちゃん肺炎じゃなくてよかったですね。
けど、点滴の様子は痛々しかったです・・・。;;
代われるなら、代わってあげたい!
小さい体で頑張っているんですもんね。

そうそう、やっぱり子供がいない人は理解してくれるない事が多いですよね。
主婦なんて暇でしょ?って言う人もいますし。
けど、そんな事で負けちゃダメです!
母は、強くないと子供も旦那さんも(?)守れませんからね!!
私は働いてはいませんが、同じ子をもつ母ですから。
お互いに強くいきましょ~ねっ!!^^

頑張れ!○さん!
お母ちゃんも先月、休みのコトについて職場でいろいろ言われちゃいました(。。
自分も独身のトキに、子持ちの人と組んでて、急に休まれると困るとか…分かるんですケドね。
仕事と子どもだったら、子どもが一番!当然ですよね。
有休が全部無くなったワケでもないのに、いろいろ言われたのがムカついてムカついて…(笑)

お互い自分の為にお休みは取れない日々ですケド、せめてお母ちゃんは元気でいられるよぉに、体に気を付けて頑張りましょうねーw

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~

りきりきさん
 本当に疲れた1週間でした。
 大学病院なんで、点滴する子が多く、病院側は
 慣れているかもいれませんが、こっちは初めてで
 不安でいっぱいなのに・・・と思うことがじばしば。
 もう大学病院はこりごりです。

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~
 
じゅ
 別に泣かなくてもw。でも子供を産んでから
 涙もろくなるよね~、特に子供のことになると。
 ちゃんと復活してからは、毎日のようにジャスコ
 に行ってるよ

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~
 
ゆきえさん
 信頼できる病院があると安心しますよね。
 1時間の間に、同じ診察を3回もされたときには
 「もう、うちの子に触らないで!!!」と思って
 しまいました。

 有休の残り日数は15日。(3月末まで)
 この7ヶ月で22日消化しちゃいましたwww

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~

POHさん
 >「重症の患者から診察します」って書かれてい
 > るのにも腹立つ。

そうそう!重症じゃなければこんな所こないよ!
 と同じことを思っていました。

 肺炎じゃないと聞いたときは、とっても安心し
 ました。

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~

香穂さん
 なんなんでしょうの、大学病院のあの待ち時間。
 ちゃんと予約してるはずなのに・・・まあ、みんな
 重い症状だから仕方ないのかもしれないけど。
 半日がかりは覚悟しないといけませんよね。

 >主婦なんて暇でしょ?って言う人もいますし。
 主婦だから大変なの!っていいたくなりますよね。
 そうそう、旦那も子供も守らなきゃいけないから
 強くならなきゃいけませんよね!
 がんばります!!!
 
~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~

トロさん
 別に仕事をおろそかにしているわけでもないの
 ですが、たまたまこの週に、大きな仕事があって
 チームのみんなに迷惑をかけてしまいました。

 仕事と育児の両立・・・想像以上に難しいですね。

~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~∴~

hello there and thank you for your information - I've certainly picked up something new from right here. I did however expertise several technical points using this web site, as I experienced to reload the website many times previous to I could get it to load properly. I had been wondering if your web hosting is OK? Not that I am complaining, but slow loading instances times will very frequently affect your placement in google and could damage your high-quality score if advertising and marketing with Adwords. Well I am adding this RSS to my e-mail and could look out for much more of your respective exciting content. Make sure you update this again very soon.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長い1週間:

« 気管支炎part2 | Main | お箸 »