« ダンシング・シエ | Main | 90歳の年の差 »

母の役目

最近の彼女は、自分の思い通りにならないと、手を上げます。
とりあえず目の前にあるものを叩いて、怒りを表現しています。

よくない傾向です。

今日の夕飯の時、彼女にエプロンをつけようとしたところ
エプロンを引っ張って、外して~ぇと訴えています。
「だめ、ちゃんとエプロンして」
と言うと、大泣き。挙句の果てには私を叩きます。
(これがかなり痛いのです)

それでも外してあげない私。
するともっと大泣き。

見かねたひーおばあちゃんが、
「(エプロン)取ってあげんしゃい」
と彼女に助け舟を出しています。

仕方なく、エプロンを取ってあげ
「エプロンしない子は、知りません」
そう言い残し、彼女をほったらかしにすると、さらに大泣き。

で、また、ひーおばあちゃんが、
「お母ちゃんにごめんなさいして、抱っこしてもらいんさい」

結局、エプロンをせずに、お洋服をご飯粒だらけにした彼女。
060116-0.jpg

彼女を躾たい母と、泣かせたくないひーおばあちゃんのやり
取り(省略編)でした。

それを見ていた、おじいちゃんもおばあちゃんもきっと彼女に
手を差し伸べたかったことだと思います。(ぐっと我慢していたはず)

きっと私の実家の母なら
「なんで泣かすのよ!嫌がっているんだから外してあげなさい」
と、まるで私が悪いかのように、私を怒るはずですw

親は叱る役、おじいちゃん達は、甘えさせる役で、いいのでは
ないでしょうか。
躾なんていつでも出来るし、なかなか会えないおじいちゃん達
だからこそ、100%彼女の味方でもいいと思っています。

★おじいちゃん、おばあちゃんへ
 私に遠慮しないで、思いっきりベタベタに可愛がってあげて
 ください!
 帰省している間は、叱っても、おじいちゃん達という、逃げ
 道があるから、安心できます。

所詮私が一番なんだから、憎まれ役でも平気です。
(まあ、母の余裕ってやつですかねw)

« ダンシング・シエ | Main | 90歳の年の差 »

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 母の役目:

« ダンシング・シエ | Main | 90歳の年の差 »